活動報告

出演する方と一緒に

5月29日(日)照姫まつりを行いました

練馬区の二大まつりの一つである照姫まつりが、石神井公園を中心に開催され、家族連れなど約13万人の人出で賑わいました。友好都市である長野県上田市から、信州上田真田陣太鼓保存会による太鼓の演奏と、真田甲冑隊が照姫行列に参加し、まつりを盛り上げてくれました。

会場の様子

5月26日(木)アトリウム皐月展を行いました

区役所1階アトリウムにて、5月26日から31日まで区と東京あおば農業協同組合が共催して皐月展を行いました。練馬区では、古くから盛んに皐月盆栽が生産されてきました。区内の農家の方々が育てた40鉢を超える皐月が盛大に展示されました。

挨拶の様子

5月26日(木)練馬こぶしハーフマラソン実行委員会総会を行いました

区役所にて、平成28年度第1回練馬こぶしハーフマラソン実行委員会総会を行いました。今年3月27日に開催した第2回大会は、こぶしと桜が咲く中で、光が丘公園会場や大会コースの沿道を合わせ、約9万5千人の方々にご来場いただき、盛大に開催することができました。ランナーの皆さまからは、前回と同様にボランティアの方々の対応や沿道の皆さまの応援など、高い評価をいただきました。次回大会の充実に向けて、子どもが参加できる部門の新設などの検討を重ねていきます。

会場の様子

5月25日(水)練馬の未来を語る会を行いました

区役所にて、今年度第1回目となる「区長とともに練馬の未来を語る会」を練馬区重症心身障害児(者)を守る会の皆さまと開催しました。会を代表する3人の方から、重症心身障害児(者)をはじめ障害者福祉のさまざまな課題についてご意見やご提案を伺いました。

講評の様子

5月21日(土)練馬区総合水防訓練を行いました

城北中央公園を会場として、東京消防庁第十消防方面本部と合同で総合水防訓練を行いました。訓練には、消防署、消防団、警察署などの防災関係機関やライフライン機関、練馬土木協会、東京消防庁災害時支援ボランティアや町会など約1,000人が参加しました。土のう積みを始めとした浸水防止訓練や流出家屋からの救助訓練など、本番さながらの訓練を行いました。

記者会見の様子

5月19日(木)「保育所待機児童ゼロ作戦」の記者会見を行いました

区役所にて「保育所待機児童ゼロ作戦」について記者会見を行いました。区では、平成27年までの3年間で、保育定員を都内最大の2,657人増やしました。さらに本年4月には、練馬区独自の幼保一元化施設『練馬こども園』を開設し、926人の定員を確保しました。全国でも例のない積極的な取り組みにもかかわらず、本年4月1日時点で166人の待機児童が存在します。今回、待機児童の集中する0歳児から2歳児を中心に、保育施設の新規整備、既存施設の定員枠拡大および1歳児1年保育の導入により、合計1,000人の定員を拡大します。来年4月の待機児童ゼロを目指します。

表彰状授与の様子

5月17日(火)環境功労者表彰式を行いました

区民・産業プラザのココネリホールで、練馬区環境功労者表彰式を行いました。永年にわたり地域の環境美化活動やみどりの保全・創出、リサイクル活動に取り組まれてきた5名の方と138団体に、功績を称え感謝状を贈呈しました。

大泉小学校会場開会式の様子

5月15日(日)アニメプロジェクトin大泉を行いました

大泉小学校、大泉風致地区公園など4会場で、アニメプロジェクトin大泉を開催しました。アニメ・セル画彩色体験教室や子どもたちに人気のキャラクターショーなど、様々なイベントを行うとともに、ジャパンアニメーション発祥の地で国内最大のアニメ関連企業の集積地でもある「アニメのまち練馬区」をPRしました。

光が丘公園会場の様子

5月14日(土)練馬こどもまつりを行いました

光が丘公園と石神井公園を会場として、第34回練馬こどもまつりを開催しました。親子が一緒に楽しめる催しや自然を活かした遊びなど、子どもたちが楽しめる様々な遊びが行われていました。

挨拶の様子

5月12日(木)大江戸線延伸促進期成同盟総会を行いました

区役所にて、第28回大江戸線延伸促進期成同盟総会を行いました。4月20日に国の交通政策審議会から「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」国土交通大臣に答申されました。その中で大江戸線の光が丘から大泉学園町までの延伸が「進めるべき」6つのプロジェクトの1つとして高い評価を受けました。今後も区民の皆さま、区議会の皆さまのご理解とご協力をいただきながら、東京都との実務的な協議を通じて課題の解決を図り、一日も早い着工を目指していきます。