活動報告

スターターを務める

3月27日(日曜)練馬こぶしハーフマラソン2016を行いました

「練馬こぶしハーフマラソン2016」を行いました。ゲストランナーの川内優輝さん、谷川真理さん、吉田香織さんとともに、全国から参加した4,602名のランナーが、都立光が丘公園をスタートし、笹目通り、目白通り、環八通り、川越街道を駆け抜けました。大会の開催や運営にご協力いただいたボランティアや関係団体の皆さん、コース周辺の住民の皆さん、沿道で声援を送っていただいた区民の皆さん、ありがとうございました。

シンポジウムの様子

3月24日(木曜)シンポジウム「区民の視点からの区政改革をめざして」を開催しました

区役所地下多目的会議室において、シンポジウム「区民の視点からの区政改革をめざして」を開催しました。このシンポジウムは、区が取り組む「区政改革」について、区民の皆さんとともに考える機会を設けるために行ったものです。第1部では、区政改革推進会議委員長の土居丈朗(どいたけろう)慶應義塾大学経済学部教授に、社会状況が変化する中での基礎的自治体のあり方や区政改革推進会議がまとめた区政改革に関する提言のポイントについて、講演していただきました。第2部では、「練馬区の『これから』を語る」をテーマに、区政改革推進委員の皆さんと一緒にパネルディスカッションを行いました。

土居委員長から提言を受領

3月24日(木曜)区政改革推進会議から区政改革に関する提言をいただきました

区政改革推進会議から区政改革に関する提言をいただきました。区は現在、昨年3月に策定した「みどりの風吹くまちビジョン」で掲げた政策の実現に向けて、具体的な仕組みや態勢を区民の視点から改めて見直す「区政改革」に取り組んでいます。昨年6月に区政改革推進会議を設置し、公募区民、学識経験者、企業経営者、実務経験者で構成された委員の皆さまと12回にわたり議論を重ね、今回、提言をまとめていただきました。この提言を十分に考慮し、今秋を目途に区政改革計画を策定いたします。

区議会定例会最終日

3月11日(金曜)第一回練馬区議会定例会が閉会しました

2月5日から開会した第一回練馬区議会定例会が閉会しました。平成28年度一般会計予算案をはじめ、提出したすべての議案をいずれも原案どおり可決していただきました。平成28年度は、「みどりの風吹くまちビジョン」に基づく新たな施策の展開、区政改革の推進、「よりどりみどり練馬」など区のイメージアップ作戦と、三面にわたる取り組みを、広範な区民の皆さまとともに、さらに積極的に進めていきます。

感謝状を贈呈

3月6日(日曜)防災功労者功労団体表彰式を行いました

練馬文化センターにて、防災功労者功労団体表彰式を行いました。永年にわたる日々の活動を通じて、地域の防災意識や防災行動力の向上に貢献をされた67名の方と1団体に、功績を称え感謝状を贈呈しました。

総会にて挨拶

3月1日(火曜)練馬こぶしハーフマラソン実行委員会総会を行いました

3月27日の「練馬こぶしハーフマラソン2016」の開催に向けて、実行委員会総会を行いました。満開のこぶしと桜が咲き誇る中、5,000名のランナーが区内を駆け抜けます。今回は、コースの一部を変更し、春の息吹を満喫できるようにしました。区民の皆さんの、大会へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。