7月16日(木)起震車を活用したVR防災体験システムを視察しました

起震車「ねり丸号」を活用したVR防災体験システムを視察しました。近年、全国各地で甚大な被害をもたらす地震が発生しており、首都直下地震に対する懸念や不安が増大しています。そこで区は、最新のVR技術を用いて起震車の揺れと連動したリアルな地震体験を提供し、区民の皆様の防災意識の向上を図り、自助対策を推進するため、VR防災体験システムの運用を令和2年7月23日(木曜)から開始します。

7月13日(月曜)とうもろこし迷路を訪問しました

東大泉にて、7月10日(金曜)から7月19日(日曜)までの期間限定でオープンしている、加藤農園とうもろこし迷路を訪問しました。今回が初めての開催となるとうもろこし迷路は、複雑に入り組んだ迷路ととうもろこしの収穫が同時に体験できるもので、区内でトマト農園を営む加藤義貴さんが企画されました。私も巨大な迷路と新鮮なとうもろしの収穫を体験をさせて頂きました。

7月9日(木曜)水災害対応訓練を行いました

区では、令和元年度における台風対応等で明らかになった課題を踏まえ、台風接近時に区が取り組むべき行動を時系列で示した行政タイムラインを令和2年5月に策定しました。このタイムラインを活用し、全庁的な対応の検証および見直しを行うことで、タイムラインの実効性と災害対応力の向上を図ることを目的に、この度の訓練を行いました。

7月8日(水曜)「都市農業の振興・都市農地の保全に関する協定」締結式を行いました

区役所にて、東京あおば農業協同組合(以下「JA東京あおば」)と、「都市農業の振興・都市農地の保全に関する協定」の締結式を行いました。区とJA東京あおばは、昨年練馬区で開催した世界都市農業サミットや、積年の課題であり国に要請してきた都市農地の制度改革の実現など、これまでも様々な場面で連携し成果を挙げてきました。
今回の協定により協力関係を一層強化し、いわゆる「2022年問題」に対応するため、特定生産緑地の指定推進や生産緑地の貸借の円滑化など、新たな制度を積極的に活用して、更なる区内の都市農業振興と都市農地保全に取り組んで参ります。

6月26日(金曜)上石神井こもれび公園、豊玉中いっちょうめ公園を視察しました

4月に新たに開園した「上石神井こもれび公園」と、同じく4月にリニューアルオープンした「豊玉中いっちょうめ公園」を視察しました。「上石神井こもれび公園」は、近隣小学校の子どもたちや地域の皆様からの提案をもとに整備を行い、東京藝術大学石神井寮跡地に大学の協力を得て開園しました。「豊玉中いちょうめ公園」は、「恐竜・冒険・動物」をテーマに、地域の皆様と日本大学芸術学部との協働によりデザインされました。また、地域の皆様による清掃などの自主管理もスタートしました。23区内で最も公園の数が多い練馬区ですが、この度の開園、リニューアルオープンにより、さらに充実しました。

6月19日(金曜)第二回練馬区議会定例会が閉会しました

6月1日から開会した第二回練馬区議会定例会が閉会しました。本定例会に提出いたしました各議案につきましては、いずれも原案どおり可決して頂きました。
直面する新型コロナウイルス感染症対策については、本日、東京都が、全ての施設の休業要請と他県への移動自粛要請を解除するなど、更に一歩進んだ段階に入ったと考えています。一方で、感染者数は気を緩めることの出来ない動きを見せており、予断を許さない状況が続いています。第2波への備えにも万全を期さなければなりません。
引き続き、感染防止と経済社会活動の両立を図りながら、区民の皆様お一人お一人の生活に寄り添ったきめ細やかな支援に、全力で取り組んでまいります

6月8日(月曜)第二回練馬区議会定例会で所信を述べました

第二回練馬区議会定例会において、区政運営について所信を申し上げました。練馬区が現在直面している最大の課題である 新型コロナウイルス感染症対策について 、これまでの区民・事業者の皆様の協力に感謝を申し上げるとともに、引き続き、感染防止と経済社会活動の両立を目指して、全力を尽くす決意を述べました。

5月6日(水曜)令和2年度補正予算が成立しました

令和2年第一回練馬区議会臨時会を開催し、「令和2年度一般会計補正予算案」を全会一致で原案どおり可決して頂きました。補正予算には、国の緊急経済対策への対応として、特別定額給付金や子育て世帯臨時特別給付金の支給、区独自の緊急対策として、PCR検査検体採取センターの設置、医療機関への支援、生活困窮者への支援、ひとり親家庭への支援、中小企業者等への特別貸付の実施、学校ICT環境の整備など、新型コロナウイルス対策として直ちに着手すべき取組みをまとめました。
新型コロナウイルスとの闘いには、社会の総力を挙げる必要があります。区は、区民生活に身近な基礎的自治体として、国や都と一体となり、引き続き、スピード感を持って、区民の皆様の命と健康を守るために全力を尽くしてまいります。