5月6日(水曜)令和2年度補正予算が成立しました

令和2年第一回練馬区議会臨時会を開催し、「令和2年度一般会計補正予算案」を全会一致で原案どおり可決して頂きました。補正予算には、国の緊急経済対策への対応として、特別定額給付金や子育て世帯臨時特別給付金の支給、区独自の緊急対策として、PCR検査検体採取センターの設置、医療機関への支援、生活困窮者への支援、ひとり親家庭への支援、中小企業者等への特別貸付の実施、学校ICT環境の整備など、新型コロナウイルス対策として直ちに着手すべき取組みをまとめました。
新型コロナウイルスとの闘いには、社会の総力を挙げる必要があります。区は、区民生活に身近な基礎的自治体として、国や都と一体となり、引き続き、スピード感を持って、区民の皆様の命と健康を守るために全力を尽くしてまいります。

4月27日(月曜)テイクアウト商品の臨時販売会場を訪問しました

区役所アトリウムにて行われている、「おうちで楽しむ!ねりまごはん特集」登録事業者によるテイクアウト商品の販売会場を訪問しました。この事業は、新型コロナウイルス感染症の拡大により厳しい経営環境にある区内の飲食店を支援するため、区役所に臨時の販売所を設け、4月24日(金曜)から練馬区、練馬区商店街連合会、(一社)練馬区産業振興公社の共同で実施しています。お店自慢の弁当を購入しながら、出展者の皆さまと経営状況などについてお話をさせて頂きました。

  

4月8日(水曜)新型コロナウイスル感染症対策本部会議を行いました

4月7日に内閣総理大臣が発令した「緊急事態宣言」および同日、都知事が発表した「緊急事態措置」を受け、区は練馬区新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、区役所にて「第1回練馬区新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を行い、「新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針」を一部変更しました。

→新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針へのリンク

4月2日(木曜)石神井消防団長任命式を行いました

区役所にて、石神井消防団長の任命式を行いました。杉森石神井消防団長に再任の任命通知書をお渡ししました。地域の安全・安心に大きく貢献して頂いている消防団の皆さまの活動に心から感謝を申し上げるとともに、引き続き、地域の安全・安心の確保に努めて頂けるようお願い申し上げました。

 

3月24日(火曜)「地域コジェネレーションシステム整備に関する協定」締結式を行いました

区役所にて、地域医療振興協会と、「地域コジェネレーションシステム整備に関する協定」の締結式を行いました。協定により、災害による停電が発生した際に練馬光が丘病院(災害拠点病院)から、光が丘秋の陽小学校体育館(避難拠点・医療救護所)に、電力を供給して頂ける事になりました。同様の協定を締結しているのは、都内自治体では練馬区のみであり、昨年の順天堂大学医学部附属練馬病院に続き、2例目となります。

3月13日(金曜)第一回定例会が閉会しました

2月5日から開会した第一回練馬区議会定例会が閉会しました。本定例会に提出いたしました、令和2年度各会計予算案、令和元年度補正予算案をはじめとした各議案につきましては、いずれも原案どおり可決して頂きました。引き続き、誰もが安心して暮らせる、豊かで美しいまち練馬の実現に、全力を尽くしてまいります。

2月16日(日曜)環状7号線地下広域調整池シールドマシン発進式典に出席しました

豊玉中にて行われた、「環状7号線地下広域調整池(石神井川区間)シールドマシン発進式典」に出席しました。区内には、現在、4か所の調整池が整備されています。この環状7号線地下広域調整池が完成すれば、白子川、神田川などの地下調整池と繋がり、約143万立方メートルを貯留出来る国内最大の調整池になります。式典では、住民の皆さんが安全に安心して暮らせるよう、一日も早い完成を期待申し上げました。