1月21日(日曜)西武新宿線立体化促進大会を行いました

上石神井小学校にて、「西武新宿線立体化促進大会」を開催しました。区民、区議会、区が一体となった促進協議会の活動の結果、平成28年3月に、東京都は井荻駅から東伏見駅付近を連続立体交差事業を新たに着工準備する区間として位置づけました。大会には沿線にお住まいの区民の方々約230人が参加し、立体化に向けた熱意を改めて示すとともに、早期事業化を東京都に求める決議を採択しました。