8月3日(月)練馬区独立73周年記念の挨拶をしました

昭和22年8月1日に、練馬区は板橋区から分離、独立し誕生しました。これを記念し、区役所にて練馬区独立73周年の挨拶を行いました。

「練馬区独立73周年挨拶」全文

ご来庁の区民の皆様、職員の皆さん、おはようございます。区長の前川燿男です。
8月1日に、練馬区が板橋区から分離、独立して73年となりました。これを記念し、練馬区を代表して一言、御挨拶申し上げます。

昭和22年8月1日に、練馬区は誕生しました。誕生当時、人口11万の近郊農業地域であった練馬区は、今や人口74万を超える大都市へと変貌を遂げました。これは、自主自立の気概に富む先人の皆様が、分離独立の道を選び、営々と努力してこられたからです。練馬区の誕生から今日まで、区の発展に御尽力頂いた区民の皆様に心から敬意を表したいと思います。

区長に就任して7年目に入りました。この間、お約束した通り、練馬区を更に発展させるため、全力を尽くしてきました。
区長になって私が心に決めたのは二点です。一つは、時代を先取りした先駆的な政策を実行する事。もう一つは、住民自治を徹底して「参加から協働へ」の区政を推進する事。この二点に懸命に取り組んできました。昨年末には、その両面の集大成として世界都市農業サミットを開催するなど、区政全体を更に前に進める事が出来ました。引き続き、練馬区の弱点である道路・鉄道などの都市インフラを整備し、区の魅力である公園・農地などのみどりを守り増やし、安心を支える福祉・医療などのサービスを充実していけば、練馬区はこれからも大きく発展すると確信しています。

そのためにも、先ずは、直面する最大の課題である新型コロナウイルス感染症対策に全力を挙げなければなりません。区の力は限られてはいますが、これまで独自に、唾液によるPCR検体採取体制の構築、医療従事者応援プロジェクト、介護・保育等事業者・従事者への支援、生活に困窮するひとり親家庭への援助、売上が減少した事業者への緊急対策等、実情に即した施策に積極的に取り組んできました。東京都は今、補正予算を策定し、「ウィズコロナ」という新たなステージに進もうとしています。区は、都との連携を更に深め、新たな補正予算を編成するなど、状況の変化に的確に対応しながら、区民の皆さんお一人お一人の生活に寄り添ったきめ細やかな支援という、基礎的自治体が果たすべき本来の任務に、全力で取り組んでまいります。
職員の皆さんと力を合わせ、小泉議長をはじめとする区議会の皆様、区民の皆様と手を携えて、与えられた使命を果たしたいと考えています。御理解と御協力を心からお願い申し上げます。

最後に、これまで練馬区の発展に御尽力頂いた多くの皆さんに、重ねて感謝を申し上げ、独立73周年にあたっての挨拶といたします。御清聴、有難うございました。

7月21日(火曜)練馬区農業委員会委員感謝状贈呈式・任命式を行いました

区役所にて、練馬区農業委員会委員感謝状贈呈式・任命式を行いました。永年にわたり、農業経営の指導をはじめ練馬区の都市農業の発展に御尽力頂いた4名の方々に感謝状をお渡ししました。また、これから3年間の任期を担って頂く16名の皆さまを農業委員に任命させて頂きました。

7月21日(火曜)練馬区虐待対応拠点を視察しました。

新しい児童相談体制の取組の一つとして、7月13日(月曜)に練馬子ども家庭支援センター内に都区共同で設置した「練馬区虐待対応拠点」を視察しました。都内で初めて設置する虐待対応拠点では、都児童相談所と区子ども家庭支援センターの専門職員が協働で児童虐待などに対応します。都と区が役割分担、強みを活かした連携を深めることで、練馬区全体の児童相談体制を更に強化します。

新型コロナウイルス 感染症対策

区民の皆様へ
都内では、本日、これまでで最多の293人の新規感染者が確認されました。ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食店、大人数での飲み会や会食、ミニシアター等で集団感染が発生しています。また、20歳代・30歳代から他の年齢層に広がりつつあります。区内でも、7月の感染者数は16日現在で90人、6月の40人を既に大きく上回っています。国全体でも再拡大の傾向にあり、多くの国民が、再び深刻な状況に陥りかねない重大な局面を迎えていると感じています。

にもかかわらず、国は、新規感染者増加の原因分析や今後の予測を示していません。疲弊する医療機関や保健所の強化等、状況変化にあわせた柔軟な対応も出来ていません。また、経済社会活動の活性化を謳いながら、感染予防対策との両立について、具体的にどう取り組むのか、明確な説明がありません。多くの区民の皆さんが得も言われぬ不安を抱えている大きな原因であると思います。

これまで区は独自に、唾液によるPCR検体採取体制の構築、医療従事者応援プロジェクト、介護・保育等事業者・従事者への支援、生活に困窮するひとり親家庭への援助、売上が減少した事業者への緊急対策等、実情に即した施策に積極的に取り組んできました。
東京都は、これから補正予算を策定して、新たなステージの対策に進もうとしています。区は、都との連携を更に深め、新たな補正予算を編成するなど、状況の変化に的確に対応してまいります。

区民の皆さんには、手洗い、マスクの着用、「密閉」「密集」「密接」の回避などの予防対策を、これまで以上に徹底していただくようお願いします。重症化リスクの高いご高齢の方などは特にご注意ください。
繁華街では、十分な感染防止対策をしていない店舗の利用を避けるようお願いします。少しでも具合が悪いときは、医師の診察を受け、不要不急の外出を控えてください。感染された際には、保健所の聞き取り調査に必ずご協力くださるようお願いします。
皆さん一人一人の行動が、感染の拡大を防ぐことにつながります。

令和2年7月17日

練馬区長 前川 燿男

学童クラブにお伺いしました

保育園にお伺いしました

幼稚園でお話しを伺いました

学童クラブ職員を激励

保健所業務を担っている職員を激励

障害者の方々の福祉作業所にお伺いしました

区議会臨時会で補正予算を可決頂きました。

PCR検査検体採取センターの様子

産業融資斡旋業務に従事する職員を激励

高校生から手作りマスクケースの寄贈を受けました

7月16日(木)起震車を活用したVR防災体験システムを視察しました

起震車「ねり丸号」を活用したVR防災体験システムを視察しました。近年、全国各地で甚大な被害をもたらす地震が発生しており、首都直下地震に対する懸念や不安が増大しています。そこで区は、最新のVR技術を用いて起震車の揺れと連動したリアルな地震体験を提供し、区民の皆様の防災意識の向上を図り、自助対策を推進するため、VR防災体験システムの運用を令和2年7月23日(木曜)から開始します。

7月13日(月曜)とうもろこし迷路を訪問しました

東大泉にて、7月10日(金曜)から7月19日(日曜)までの期間限定でオープンしている、加藤農園とうもろこし迷路を訪問しました。今回が初めての開催となるとうもろこし迷路は、複雑に入り組んだ迷路ととうもろこしの収穫が同時に体験できるもので、区内でトマト農園を営む加藤義貴さんが企画されました。私も巨大な迷路と新鮮なとうもろしの収穫を体験をさせて頂きました。

7月9日(木曜)水災害対応訓練を行いました

区では、令和元年度における台風対応等で明らかになった課題を踏まえ、台風接近時に区が取り組むべき行動を時系列で示した行政タイムラインを令和2年5月に策定しました。このタイムラインを活用し、全庁的な対応の検証および見直しを行うことで、タイムラインの実効性と災害対応力の向上を図ることを目的に、この度の訓練を行いました。

7月8日(水曜)「都市農業の振興・都市農地の保全に関する協定」締結式を行いました

区役所にて、東京あおば農業協同組合(以下「JA東京あおば」)と、「都市農業の振興・都市農地の保全に関する協定」の締結式を行いました。区とJA東京あおばは、昨年練馬区で開催した世界都市農業サミットや、積年の課題であり国に要請してきた都市農地の制度改革の実現など、これまでも様々な場面で連携し成果を挙げてきました。
今回の協定により協力関係を一層強化し、いわゆる「2022年問題」に対応するため、特定生産緑地の指定推進や生産緑地の貸借の円滑化など、新たな制度を積極的に活用して、更なる区内の都市農業振興と都市農地保全に取り組んで参ります。

6月26日(金曜)上石神井こもれび公園、豊玉中いっちょうめ公園を視察しました

4月に新たに開園した「上石神井こもれび公園」と、同じく4月にリニューアルオープンした「豊玉中いっちょうめ公園」を視察しました。「上石神井こもれび公園」は、近隣小学校の子どもたちや地域の皆様からの提案をもとに整備を行い、東京藝術大学石神井寮跡地に大学の協力を得て開園しました。「豊玉中いちょうめ公園」は、「恐竜・冒険・動物」をテーマに、地域の皆様と日本大学芸術学部との協働によりデザインされました。また、地域の皆様による清掃などの自主管理もスタートしました。23区内で最も公園の数が多い練馬区ですが、この度の開園、リニューアルオープンにより、さらに充実しました。