8月4日(土曜)「芳年展」内覧会に出席しました

練馬区立美術館にて行われた、「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」展の内覧会に出席しました。幕末から明治前期にかけて活躍した浮世絵師「月岡芳年」の展覧会は、練馬区で初開催となります。9月24日(月曜)までの会期中には、多数の関連イベントも開催します。

8月1日(水曜) 練馬区独立71周年記念の挨拶をしました

区役所にて、練馬区独立71周年を記念する挨拶を行いました。昭和22年8月1日に、練馬区は板橋区から分離、独立し誕生しました。今後とも区民の皆さまとともに、新しい大都市自治の実現に向けて全力を尽くしてまいります。
また、文化センターでは、文化振興協会理事長の大谷康子さんとNHK交響楽団のメンバーによる「真夏の音楽会」を行いました。夜間には、としまえんにて「練馬区花火フェスタ」を行いました。

「練馬区独立71周年挨拶」は、こちらからご覧になれます。

7月20日(金曜) 社会を明るくする運動のつどいを行いました

練馬文化センターにて、「第68回社会を明るくする運動のつどい」を行いました。社会を明るくする運動は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。毎年7月は「社会を明るくする運動」の強調月間であり、区民の皆さまに向けた啓発活動を行っています。

   

7月10日(火曜)要保護児童の早期発見と児童虐待の未然防止に関する協定締結式を行いました

区役所にて、練馬警察署、光が丘警察署および石神井警察署と、「要保護児童の早期発見と児童虐待の未然防止に向けた情報共有等に関する協定」の締結式を行いました。区内三警察署との協定締結により、更なる連携体制の強化を行い、子どもの安全・安心の確保と児童虐待の早期発見および未然防止を図っていきます。

7月1日(日曜)練馬区民体育大会総合開会式を行いました

光が丘体育館にて、練馬区体育協会との共催で、「第71回練馬区民体育大会総合開会式」を行いました。練馬区民体育大会は、小学生から高齢者まで、毎年2万人を超える多くの区民の皆さまが参加するスポーツの祭典です。日頃の練習の成果を十分に発揮され、存分に活躍されることを期待しています。