~ 区民の皆様へ ~

国の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間が5月31日まで延長されました。
宣言が発令されて以来、区民の皆さんには外出の自粛に、
多くの事業者の皆さんには営業の自粛・縮小にご協力頂いていることに感謝申し上げます。

この間、実に多くの方々にご尽力頂いています。
医師、看護師など医療従事者の皆さん、
保育所、こども園、学童クラブなど社会的な子育てに携わっている皆さん、
特別養護老人ホームやデイサービスなど高齢者の方々の介護サービスを担っている皆さん、
福祉園や重度障害者グループホームなど障害者児の方々の生活を支援している皆さん。
そしてまた、こうした医療・福祉関係の皆さんのみならず、
警察・消防や公共交通機関、電気・ガスなどのライフライン、
清掃・リサイクル業務、小売店・運送業など流通に関わる皆さん、
挙げれば枚挙にいとまがありません。
この未曾有の危機にあって、皆さんの献身が日々の社会生活を支えています。
74万区民を代表して心から敬意を表し、感謝申し上げます。

新規感染者数には低下傾向がみられるものの、
政府の専門家会議は「想定より減少していない」としました。
今取組をやめれば、再び上昇に転じてしまう恐れが大きく、
これまでの皆さんのご努力が水泡に帰してしまうことになりかねません。
当然ながら、行政の役割はとりわけ重いものです。
しかし、広く区民の皆さんと力を合わせなければ、
この困難を乗り越えることは出来ないと考えています。
あなたご自身、ご家族、地域の皆さんを守ることが出来るか否かは、
今、この瞬間の皆さんの行動にかかっているのです。
引き続き、区民の皆さんには、不要不急の外出を控え、
ご自宅でお過ごしくださるようお願いいたします。
区は、区立小中学校の臨時休業をはじめ、
区立施設等の休館、イベントの中止・延期を継続します。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

本日、区議会臨時会において、直ちに着手すべき取組をまとめた総額777億円の補正予算案を可決頂きました。
国の緊急経済対策への対応として、特別定額給付金や子育て世帯臨時特別給付金の支給のほか、
区独自の緊急対策として、PCR検査検体採取センターの設置、医療機関への支援、生活困窮者への支援、
ひとり親家庭への支援、中小企業者等への特別貸付の実施、学校ICT環境の整備など、
既に実施中の対策とあわせて、スピード感を持って取り組んでまいります。
区は、出来る対策を総動員し、国や都と一体となり、
引き続き、区民の皆さんの命と健康を守るために全力で取り組んでまいります。
この難局を乗り越えるため、
区民の皆さんのご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

令和2年5月6日 練馬区長  前川 燿男

区長記者会見(2020.01.23)

区長記者会見(2019.12.09)

みんなde農コンテスト表彰式(2019.12.01)

活動報告